Event is FINISHED

建築ファイトクラブ~「ひらかれた建築」を問う~

Description

建築ファイトクラブ~「ひらかれた建築」を問う~
日時:8月31日(土)17:30-22:30
場所:ライブハウス阿佐ヶ谷ロフトA
入場料 1500円(ドリンク別途)

モデレーター:種田元晴
出展者:永山祐子、パーシモンヒルズ・アーキテクツ、香月真大、Eureka、メタボルテックスアーキテクツ、小沼計画、officeXAD、荻原雅史、flat class architects、古市淑乃、バンバタカユキ、久保秀朗+都島有美、宗本晋作+飯村慎建築設計、長谷部勉、小堀哲夫、杉並のまちなみをつくる会

URL:https://www.facebook.com/events/389043521816995/
連絡先:杉並建築展実行委員会 香月真大 090-6517-2257

「ひらかれた建築」を問う
ーーーーーーーーーーーー

日々の仕事に追われ、考える暇を失った哀れな建築人たちに代わって、まず、申し上げたい。

「日本に、日本の建築に、日本の建築家に、未来はあるのか!」と。

そんなことをホザいている暇があったら、目の前の与えられた仕事をしっかりやろうよ、と言う方々に向かってつぶやきたい。

「あなたはすでに…死んでいる」と。

***

さて、本展覧会のテーマは「ひらかれた建築」である。

はて、「ひらかれた」って、なんだろか。
ようやくひらかれるに至った、ということなのか。
それとも、ついにひらかれてしまった、なのか。
あるいは、ちょっくらひらいてみたとしよう、なのか。

そもそも、建築が「ひらかれる」とはどういうことなのか。
試しに、〈建築が「外」に開放され、解放されること〉だと考えてみたい。

建築の「外」とは、文字通りに、建築を取り巻く外部環境のこと。
もしくは、建築に関わることのない、異分野の人々。
あるいは、建築とはこういうものだ、という固定観念によって無視されたもの。

とすれば、建築が「外」に開放され、解放されるとは、
建築の壁を取り払って、周囲に内部をさらけ出すこと。
もしくは、建築というジャンルの敷居を低して、より多くの方々に参画してもらうこと。
あるいは、建築という概念自体の意味を、広く捉えること、などということか。

では、建築はこれまでまったく「ひらかれ」てこなかったのか。
そんなことはないだろう。
では、どのように「ひらかれ」てきたのか。
ざっくりと歴史を振り返ながらちょっとだけ考えてみたい。

***

日本の建築家は、明治期に誕生した。
明治期の建築家たちは、西欧列強からナメられないために、彼らの様式建築をマネしてつくった。
そうして、オレたちだって富める国なんだと強がってみせた。
その頃の建築は、レンガや石の、重たくて閉じたモニュメントだった。
オリジナルであることよりも、建築とはどうあるべきかという「型」が重んじられた時代だった。

大正期の若手建築家たちは、そんな明治期の堅物オヤジたちに反発して、独自の表現を追求しようと立ち上がった。
西欧では第一次世界大戦が終結し、各国が自国を立て直そうと頑張っていた。
そんななかから、近代建築が誕生し、やがて日本にも伝播する。

昭和期になると、様式建築の時代は完全に過ぎ去り、近代建築の全盛期がやってくる。
重くて閉じた、分厚く荘厳な古典美は流行らなくなった。
その代わりに、鉄とガラスとコンクリートによる、軽くて開いた、透明で白い量産型の箱ができまくる。

そんな建築も、戦後になると陳腐化する。
白くて四角い箱は味気なく、単調で、ありふれていて、窮屈で、孤独で、不自然だというのだ。

そうして、成熟期を迎えた平成の建築家は、自然の豊かさに気づき、風土に根ざした、そこにしかない、柔らかく、のびやかで、曖昧な、みんなの建築を目指すのだった。

そう、やはり建築はずっと、「ひらかれ」つづけてきたのである。
昨日の建築より、明日の建築は、いつも「ひらかれた」ものだった。

さて、わたしたちの世は、多様性をあがめたてまつる。
しかしその一方で、隣人への監視を強めている。
もしも多様性を認めない者がいようものなら、すぐにパシャっとツイッっとやられて、炎上、抹殺である。
多様性をうたいながら、「多様性を認めない」という多様性は認めないのである。
そんな、「こうあるべき」や「こうでなければならない」の押売りされた社会で、我々に自由は存在するのだろうか。

〈「ひらかれた」建築〉というひとことには、まだ見ぬ建築の多様な立ち姿や使われ方を認めて欲しいという承認欲求と、建築はみんなのものなのだから秘匿は許すべきでないという声に耳を傾けねばという強迫観念が、併存している。

建築という営みは、技術であり、学術であり、芸術であり、文化である。
そこには、独創が伴っているべきである。
独創は、自由な意思に基づいて行われるべきもの。
あるべき姿に媚びることでは、決してない。

だのに、己の独創性を押し殺して、説明責任を果たすためになされた仕事の、なんと多いことか。

やるべきことでなく、やりたいことをやれ!

そんなことをホザいている暇があったら、目の前の与えられた仕事をしっかりやろうよ、と言う向きもあろう。

そんな方々に、改めてこう叫びたい。

「あなたはすでに、死んでいる!!」と。

我々は、生ける屍でありたくはない。参加しよう!
Sat Aug 31, 2019
5:30 PM - 10:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
入場券 SOLD OUT ¥1,500
Venue Address
杉並区阿佐谷南1丁目36−19 Japan
Organizer
建築ファイトクラブ~「ひらかれた建築」を問う~
4 Followers

[PR] Recommended information